ハワイ行きの航空券の探しかた

スポンサーリンク

ハワイに行くと決めたら、みなさんはまず何の予約をしますか?

我が家では航空券をまず最初に予約します。

航空券を最初に予約する理由

ホノルル空港

安い航空券を買うと簡単に予約変更ができない

JAL でも ANA でもチャイナエアーラインでも、航空会社から直接安い航空券を買うと予約の変更ができないか余計な費用がかかります。

  • JAL の格安運賃、ダイナミックセーバー(ハワイ行き)の場合
    • 変更:往路(ハワイに行く時)は不可。復路は一回のみ2万円の手数料で変更が可能
    • 予約取り消し:出発前に取り消しの連絡を行った場合、3万円の手数料で取り消しが可能
  • ANA の格安運賃、エコ割5(ハワイ行き)の場合
    • 変更:1回につき 2万5,000円の手数料で変更可能 (往路/復路のどちらもできそう)
    • 予約取り消し:出発前に取り消しの連絡を行っ場合、3万円の手数料で取り消しが可能(子供は2万2,500円)
  • チャイナエアーライン、セイバーA~E(ハワイ行き)の場合
    • 変更:不可
    • 予約取り消し:出発前に取り消しの連絡を行った場合、3万円の手数料で取り消しが可能

※上記は 2015年2月7日時点の各航空会社のページを確認したうえで記載をしていますが、変更があった場合などの正確性の保証はできません。

※実際に予約をする際には、必ず各社の注意事項をご確認くださいね。

※あと、旅行代理店などから予約をする場合は各旅行代理店に必ず確認をしましょう!

もちろん、我が家は安い航空券なので予約変更が難しいパターンです。

飛行機を最初に予約をすると、もう変更もできないに等しいので(と、ママは考えるので)、腹をくくってホテル(コンドミニアム)探しを始めることができます。

航空券の探し方

我が家の場合、チケット代はハワイ旅行の総支出の 1/4 ~ 1/3 を占める大きな出費です。

ですので各航空会社のホームページをちょこちょこチェックしています。

我が家の場合はチケット予約時の優先順位が

  1. 価格
  2. クレジットカードがある JAL (JAL アメックスカード)

となっています。

一番安い航空会社と JAL の価格差が数万円なら JAL を選ぶようにしています。JAL の航空券を JAL カードで決済するとボーナスマイルもあるし、JAL は成田空港から一日三便飛んでいるので座席も選びやすいです。

さらに JAL なら今は俺の機内食も食べることができます。

ただ、航空会社のホームページで毎回検索するのも大変なので最近はスカイスキャナーというサービスを使ってハワイ便の価格チェックをしています。

スカイスキャナーはユーザ登録を行い、

  • 設定した日付
  • 設定した行き先 (もちろん、ホノルル)

の条件で設定すると 24 時間ごとに価格変動を調べてくれて、変動があるとメールで教えてくれる便利なサービスです。

スカイスキャナーの使い方の記事を書いたので、よろしければどうぞ。

予約のタイミング

航空会社から直接予約をする場合は1 日の中でも価格が変動するので、予約のタイミングは難しいです。

ただ、基本的には

  • 出発日に近づくにつれて原則として価格は高くなる (特に混雑する時期は)
  • 出発日に近づくにつれて希望の席の確保が難しくなる (最悪、家族三人バラバラになる・・)

なので、我が家は日程を確定させたらできるだけ早く予約をしています

特に1歳未満の子供が一緒に旅行する場合、パシネット(飛行機のベビーベッド)があると便利なので早めに予約してパシネットを確保することをオススメします。

ホテル予約と比べると、予約変更が難しい航空券の予約。

我が家はまず最初にハワイ行きの航空券の予約をしてから、ホテルやレンタカーの予約を行っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする