ハワイの写真、我が家ではフォトブックにしています

スポンサーリンク

最近はカメラやスマホで撮った写真を現像することが減ってきました。見ようと思ったら、スマホやパソコンなどでいつでも見ることができますからね。

そんな我が家ですがハワイで撮った写真は毎回フォトブックにしてリビングに置いています。

なぜハワイの写真をフォトブックにしているか

スマホやパソコンに溜まっている写真は、失敗作もたくさんあってごちゃごちゃしています。

フォトブックにする時はたくさんある写真の中から厳選(?)するのですっきりしています。

我が家ではハワイ旅行から帰ってきて落ち着いたら、ママが思い出に浸りながら写真の整理とフォトブックの注文をしています。

パパは特に仕事で疲れた時にリビングからフォトブックを取り出してぼーっと眺めているのが好きみたいです。

我が家のハワイのフォトブック

我が家ではFUJIFILMのフォトブックサービスを利用しています

せっかくのハワイの記念の写真なので、ずっときれいな状態で見たいと思っています。

そのため我が家ではFUJIFILMネットプリントサービスが運営するフォトブックサービスを使っています。今はカメラメーカーという感じですが、フィルム製造や現像を昔からやっている会社なので信頼をしています。

我が家が注文しているフォトブックは、

  • 最大48ページ
  • サイズは12.7cm x 12.7cm (CD ケースと同じくらい)
  • カバーはソフトカバー

な感じです。

このくらいのサイズだとパパやママのお互いの実家にも持っていきやすいですし、ハードカバーのように仰々しくないので気に入っています。

費用は上記で2,654円 + 送料540円 (2015年1月現在)。

安いところと比べれば高いかもしれませんが、FUJIFILMなので我が家の2009年のフォトアルバムは今でも色あせはありません。

最初の2009年は16ページで始めましたが翌年2010年からは最大の48ページで作っています。同じ会社のフォトブックのためサイズも同一なので並べて置いてもきれいです。

 パソコン音痴のママでもフォトブックの注文は簡単

FUJIFILMネットプリントサービスにはフォトブックを作る方法が何種類かあります。

  • 簡単作成タイプ
    • 写真をアップしたら自動でレイアウトが組まれます。後は位置を微調整したりコメントを入れたり、スタンプを入れたりすればOK。
  • こだわり作成タイプ
    • ソフトをダウンロードして、自由度の高い編集ができる

ママは簡単作成タイプしか利用したことがないですが、それでも満足な仕上がりになっています。

ディズニーキャラクターを使ったフォトブックにしたり、イヤーアルバム、カレンダーなどにもできるみたいです。

ママはいつかこだわり作成タイプに挑戦したいな〜とも思っています。

みなさんもハワイの思い出をきれいな写真で気軽に見ることができるフォトアルバム作りに挑戦してみたらいかがでしょうか?

→ 我が家が使っている FUJIFILMネットプリントサービス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする