JAL のコナ直行便(ハワイ島)が9月15日に復活!

スポンサーリンク

日本の航空会社の JAL(日本航空)と ANA(全日空)のハワイ便は全てオアフ島のホノルル空港発着でしたが、2017年9月15日から JAL がハワイ島のコナ空港と成田空港の直行便を運航することになりました。

2017年の JAL のハワイ便

JAL のコナ 直行便の詳細

時刻表

JL770便(成田空港 → コナ空港)※毎日運航

成田空港:午後9時25分出発

コナ空港:午前10時15分到着

JL779便(コナ空港 → 成田空港)※毎日運航

コナ空港:午後0時15分出発

成田空港:午後4時到着

使用機材

767ー300ER「スカイスイート767(SS6)」

※ビジネス24席、エコノミー175席:合計199席

JAL-SkySuite767

コナ便の歴史

今回の記事の題名に”復活”という文字をいれたのは、実は JAL は2010年10月までコナ便を毎日運行していたからです。

当時は、成田空港 → コナ空港 → ホノルル空港 → 成田空港 という三角の形をした運航形態をとっていました。

しかし2010年1月に JAL が一度倒産をした際に路線の見直しが行われ、45路線が運休になった際にコナ便も運休になってしまいました。

それ以来日本からコナ空港への便はなくなりましたが、2016年12月にハワイアン航空が週3日で羽田空港とコナ空港を結ぶ直行便の運航を始めたのです。

今回の JAL のコナ便の復活でコナへは合計で週10便が運航されるようになり、ますますハワイが身近になりました。

我が家はオアフ島ばかりで、まだハワイ島には行ったことがありません。

ホノカアボーイという映画を見た時にオアフ島とは違った空気が流れていたハワイ島にとても魅力を感じました。いつの日か、ハワイ島を訪れてみたいな!

JAL の RESORTFUL HAWAII を検索

スポンサーリンク

シェアする

フォローする