ハワイに行く時に海外旅行保険に入る?

スポンサーリンク

みなさんは、ハワイに行く時に海外旅行保険に入っていますか?

我が家では必ず入っています。

ハワイに行く時に海外旅行保険に入る理由

ハワイは海外の中でも治安はよいほうだと思います。でも、我が家では以下の理由で海外旅行保険に必ず入っています。

  • 子供が病気や怪我をした時に病院の予約や通訳の手配をしてくれる(※英語についての記事)
  • ハワイでの病気や怪我に備えて (子連れ旅行の場合は特に備えが必要)
  • ハワイで日本にいる親族を呼ばないと行けないような状況になった時に備えて
  • 例えば、宿泊先で子供が水漏れをさせてしまって弁償などをする必要になった時に備えて

ハワイの医療費は高額!

ハワイというか、アメリカは全般的に医療費が高いです。

外務省の世界の医療事情(ハワイ)のページにありますが、救急車で搬送してもらうだけで400ドル前後(4万円以上!)とのこと。

治療内容によっては1,000万円を超えることもあり、クレジットカードの付帯保険だけではカバーできないこともあるので本当に注意が必要です。

ハワイで子供が怪我をして、お金のことで十分な治療を受けさせてあげることができずに後悔するようなことを避けるためにも我が家では海外旅行保険に入ります。

具体的な保険の内容

具体的にはこんな感じで申し込みをしています。

  • 死亡保障(怪我と病気):500万円
    • 死亡保障は海外旅行保険では重視しません。治療費用を重視しています。
  • 治療費用:1,000万円
    • 外務省のページでは無制限を推奨していますが、我が家では1,000万円で設定をしています
  • 航空機遅延:なし
    • 飛行機が欠航した時などの宿泊費用なのですが、我が家では補償をつけていません
    • つけても全部で200円くらいだったので、2015年夏の旅行からつけることにしました
  • 賠償責任:1億円
    • アメリカは訴訟社会なので、ここは重視。水漏れなどの賠償や、子供が何かしてしまった時の弁償などの可能性があるので
  • 救援者:1,000万円
    • 重大な事故が起きて、日本のおじいちゃんたちがハワイに来るための費用 (そんなことはないとは思いますが)
  • 携行品:30万円
    • 残念ながら、我が家では高額なものはありません・・・
  • 手荷物遅延:10万円
    • おそらく荷物は帰ってくるので、数日分の洋服代程度で大丈夫 (10万円もかかりませんが)

死亡保障と治療費用は一人一人の金額で、賠償責任・救援者・携行品・手荷物遅延は旅行している家族の共有の金額です。

申し込み手続き

我が家では海外旅行保険に必ず入るので、ハワイ出発の3週間くらい前にインターネットで手続きをしています。

お守り

費用

上記の補償内容は”損保ジャパン日本興亜損保”さんの Off という海外旅行保険 (FDタイプ ※保険料を抑えたい人向け) なのですが、ハワイ7日間で、家族3人 (パパ・ママ・子供) で 5,280円。

この金額で家族の安心が買えるので、我が家ではお守りとして考えています。特に治療と賠償のことを考えれば、全然安いと思います。

ただ、損保ジャパン日本興亜損保という名前が長い・・ (´・ω・`)

保険の書類は写真に撮ると便利

海外旅行保険の書類が届いたら、我が家では

  • 保険の契約書
  • 緊急時の保険会社の連絡先

をパパとママのスマホでそれぞれ写真を撮っています。

保険の書類はハワイに持っていきますが、急に必要になった時に写真を見て必要なところに電話もできるし、万が一書類を日本に忘れても保険の契約番号がわかればなんとかなりそうだし。

レンタカーはレンタカーの保険を

普通の海外旅行保険はレンタカーで事故を起こした時の補償は含まれないので、レンタカー会社できちんと保険に入りましょう!

ハワイの旅行費用は決して安くありません。我が家では節約に励んでいますが、海外旅行保険だけは入るようにしています。

子供の病気や怪我、アクシデントが発生しても保険できちんとカバーできるようにしておいて、ハワイから笑顔で帰国できるようにしています (^o^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする