ノースショアのフリフリチキンが美味しかった〜

スポンサーリンク

ノースショアで土日限定で営業をしているフリフリチキンを2014年夏に食べてきました

ワイルドな料理だけど、とても美味しい!

フリフリチキンのお店

写真のとおり調理方法はタレに漬けこんだチキンを炭火の上でくるくる回して焼くだけです。

炭火でじっくり焼くので皮がパリパリっとなっていて、身の部分はジューシー。タレの味も日本人は好きな味だと思います。

ハレイワではいつも Blue Water Shrimp でガーリックシュリンプを食べるので、お腹がいっぱいにならないように今回は一羽の半分量 (Half Chicken) を三人で食べました。

食べている途中で一羽丸ごとの量を食べたい〜と思うような美味しさでした。地元の人もたくさん買いに来ていて、地元に愛されているお店なんだなぁと思いました。

鳥を丸ごと一羽だと 10ドル、半分だと 6ドルです。値段も手頃だと思います。

伏兵のサイドメニュー、パイナップルコールスロー

フリフリチキンとパイナップルコールスロー

パパはサラダにリンゴなどの果物が入っていたり、酢豚にパイナップルが入っているのが苦手で全然食べません。

ですが、パイナップルコールスローが美味しいという情報があったので今回一緒に買いました。

とりあえずパイナップルコールスローをパパが一口食べてみたのですが、美味しさに驚いていました。果物が入ったサラダが苦手なパパでも美味しく食べていました。

パイナップルコールスローは 2ドルなのでフリフリチキンと一緒に注文するのをお勧めします。ぜひ!

食べる場所と必要なもの

インターネットなどではイートインスペースがあるという記事もありますが、2014年に私たちが行った時は食べる場所がそばになかったのでノースショアマーケットプレイスのベンチに移動してフリフリチキンをいただきました。

ノースのビーチで食べるのもいいかもしれませんね。

あと、ウェットティッシュが必須です。

我が家はハレイワで必ずガーリックシュリンプを食べるのでノースショアに行く時はウェットティッシュを持参していますが、フリフリチキンを食べる時もウェットティッシュは必須ですのでご注意を!手がベタベタになります。

フリフリチキンへの行き方

まず、土日限定のオープンなので行く日を間違えるとお店にたどり着いても閉店していた…なんてことになりかねません。

場所はノースショアマーケットプレイスとマツモトシェイブアイスの間くらいにあります。駐車場の大きなテントから煙が出ていれば、そこがフリフリチキンを売っている場所です。

Ray’s Kiawe Broiled Chicken

66-160 Kamehameha Hwy, Haleiwa, Oahu, HI 96712

営業時間:土日 09:00 〜 17:00
※平日は休み

子供の満足度:★★★★★

パパママの満足度:★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする