子連れハワイ旅行で絶対に注意すべきこと:子供を一人にしない

スポンサーリンク

子供と一緒のハワイ旅行。親にとっても、子供にとっても「楽しかった!」と思える旅行にしたいですよね。

日本とハワイ(アメリカ)は異なる国なので当然法律もルールも日本とは違います。

日本では問題のない子供に関する行動がハワイでは問題になることもありますので、ご注意を!

HappyHawaii-at-the-park1

子供を一人にしない

ハワイでは12歳以下の子供を付き添い者(13歳以上)なしで放置すると、場合によっては保護者は逮捕される可能性があります。

例えば、

  • ホテルやコンドミニアムの部屋で子供に留守番をしてもらい、親は買い物にでかける (ちょっとの時間でも)
  • ショッピングモールなどで子供だけでトイレに行かせる、迷子になる

などが問題になります。

日本では子供に留守番させることもありますし、ショッピングモールやお祭りなどで迷子の呼び出しも一般的です。

特に迷子は子供が急に走ってどこかに行ってしまったり、親が注意していても起きてしまう問題だと我が家を含めて日本人の多くが考えていると思います。

ですが、ハワイ(アメリカ)ではこれらの行為が「子供を危険にさらす行為」と認識されます。

もし、このルールに対して「子供を放置すると親が逮捕されるかもしれないから、放置しない」と考えると危険です。

我が家ではハワイでこのようなルールが作られた背景を考えて(想像して)、子供の安全を守るために絶対に子供を一人にしないようにしています。

特にホテルやコンドミニアムで部屋に子供だけにするのは非常に危険と考えています。

ハワイのホテルやコンドミニアムの部屋は高層のビルにあります。また、ラナイ(ベランダ)にテーブルや椅子が置いてある場合が多いです。

部屋に子供を残して出かけた時に誤ってベランダにでてしまったら….考えるだけで恐ろしいです。

車内でも子供を一人にしない

レンタカーをご利用のかたは、特に注意が必要なのは車内に子供を残さないということです。

9歳以下の子供を5分以上車内に放置することは明確に法律で禁止されています。「ちょっとABCストアに買い物に行くだけだから」などと気軽に車内に放置してしまうと法律にも違反することになります。

ただ、これも法律で禁止されているからではなく、子供を危険にさらさないという意味で車内に子供を残すことは避けるべきですね。

他にも注意をしたほうがいいこと

何かの理由で子供をしかる時にも注意が必要です。

感情的に強い口調で子供をしかると、周囲の人に虐待と勘違いされることがあります。ましてや、叩いたりすることは絶対に避けるべきです(日本でも避けるべきですが)。

色々と注意をすべきことを書きましたが、外国だからというよりも「子供を守るための行動ルール」という感じです。私たち日本人の常識と180度違う訳ではないので、難しくもありません。

ですが、これらのルールを「知らなかった」では済まない場合もあります。

子供の安全に注意を払い、家族みんなでハワイ旅行を楽しみましょう〜!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする