子連れで TheBus を乗りこなしてハワイを満喫!

スポンサーリンク

このブログを読んでくれている友人夫婦が先日子連れハワイ旅行に行ってきました (うらやましい〜〜)。

ハワイ旅行のお土産話を聞いたのですが、TheBus (ザ・バス:ハワイの路線バス会社の名前です) を乗りこなしてカイルアやハレイワまでお出掛けをしていました。すごい行動力!

ということで、聞かせていただいた TheBus 乗りこなし術をまとめてみました。

・TheBus 乗りこなしノウハウ

・ワイケレアウトレットへ

・カイルアへ

・ハレイワへ

TheBus 乗りこなしノウハウ

The BUS

家族構成

友人夫婦と3歳の子供の3人。TheBus にはベビーカーを持ち込み (必ず折りたたんで!)。

夫婦ともに車は運転しないのでレンタカーは借りず、TheBus で行動。

運賃について

運賃は大人(18歳以上) 2.5ドル / 子供(6~17歳) 1.25ドル お釣りは出ないので注意。

子供はまだ運賃がかからないので、日本円をドルに両替する時に大人二人分の5ドル札を多めにもらえるように工夫をしました

4日間有効のパスが35ドルであったけど、元をとれる気がしなかったので買いませんでした。実際、最終的には35ドル分は乗らなかったので正解でした。

お金はバスに乗る時に払います。

乗る方法

まず、子連れで TheBus に長時間乗る場合は事前に必ずトイレを済ませておきましょう。TheBus にはトイレがありませんのでご注意を。まだオムツをしている場合は、トイレの心配はありませんね。

The BUS - バス停

写真のようなバス停の印があるのでここでバスを待ちます。

バス停には時刻表がないので、iPhone の Google Map を使うとバスの経路やリアルタイムの時刻表を確認できて便利でした。

あと、TheBus の公式アプリ「DaBus」(アプリ名はTheBus じゃなくて、DaBus) も便利。

大半のバスにはGPSが付いているので、DaBus などのアプリでバスの現在地がわかります。バスの現在地がわかるので、どのくらい待つか検討が付きました。

アプリは日本でダウンロードしておくといいですよ〜。

運賃を払う時は、紙幣は1枚ずつ紙幣入れに、コインはまとめてコイン入れにいれます。

降りる方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスの車内 (窓など) にワイヤー (ヒモ) があります。降りたい時はワイヤーを引っ張って運転手さんに知らせます。とっても簡単ですよ〜。

問題はどこでワイヤーを引っ張るか。バスによっては電光掲示板が付いていて次の停留所の名前が表示されるバスもありますが、電光掲示板が無いバスもあります・・・(次のバス停が表示されるバスでも、アナウンスが流れる時だけ表示されるみたいなのでご注意を!)。

そんな時はがんばってアナウンスを聞き逃さないようにしていましたが、やっぱり難しい・・汗。

iPhone の Google Map で経路検索をすると途中のバス停を全て表示できるので、Google Map でバス停を表示しつつアナウンスを聞きながら降りるバス停を確認していました。やっぱり iPhone は便利!

バスが止まってバスを降りる時は、前後どちらのドアからも降りられます。

ただ、後ろのドアは自動で開かないので、自分でちょっとドアを押すと開きます。もし後ろのドアを開けるの手間取ってバスが発車しそうになったら、「バックドアー!(Back Door)」と叫んで運転手さんに気づいてもらいましょう。

乗り換えについて

The BUS - 乗り換えチケット

バスに乗る時に、2時間以内であれば2回まで乗り換えができるチケットをもらえます。

ただ、たまに忘れてしまう運転手さんがいるので、そんな時は「トランスファー チケット プリーズ (transfer ticket please)」と言うと乗り換え用のチケット(写真)をもらえます。

2回も乗り換えができるなんて、お得ですよね。

ワイケレアウトレットへ TheBus でお出掛け

ホテルからアウトレットへ

10時くらいにホテルの近くのバス停から「E Country Express!」という路線のバスへ乗車。バスがハイウェイを降りたら、降りてすぐの Paiwa St + Hiapo St のバス停で下車。

道を渡って反対側のバス停で「443」の路線のバスへ乗り換え、ワイケレアウトレットの前のバス停で下車。

到着は11時頃ごろでした。 E Country Express! が遅れて、乗り換えがギリギリでちょっと焦りました。セーフ。

アウトレットからホテルへ

帰りは16時ごろにアウトレットを出て、行きに乗り換えたバス停 Paiwa St + Hiapo St までお散歩しました。時間は15分くらい。アウトレットからこのバス停までは下り坂なので比較的楽でした。

そして、帰りは Paiwa St + Hiapo St のバス停からホテル近くのバス停まで、E Country Express! で帰ってきました。

カイルアへ TheBus でお出掛け

ホテルからカイルアへ

ワイキキからカイルアへは「56」「57」「57A」の三種類の路線があります。

8時過ぎにアラモアナの山側のバス停から「56」の路線バスに乗って、9時前にはカイルアに到着。乗り換えは無し。

ブーツ&キモズでパンケーキをテイクアウトして、ビーチまで徒歩で移動。約20分のお散歩でした。

ビーチで2時間くらいのんびりして、カイルアの町に戻り、ターゲットやホールフーズへ。

カイルアからホテルへ

帰りは15時くらいに「57」の路線バスに乗って帰ってきました。

ハレイワへ TheBus でお出掛け

ホテルからハレイワへ

ワイキキからハレイワへは「52」番の路線バスだけが運行しています。

9時過ぎにアラモアナの山側のバス停から「52」の路線バスでハレイワへ。

乗り換え無しで1時間半ちょっとでハレイワに到着します。週末だと車内が混むことがあるので、早めにバス停に並んだ方がいいかもしれません。

現地ではフリフリチキンやマツモト シェイブアイス、ビーチなどを満喫しました。

ハレイワからホテルへ

ハレイワを満喫して、15時頃に同じ「52」の路線バスで帰ってきました。

子連れでのバスを快適に過ごすため

今回のハワイ旅行で感じたこともご紹介します。

  • 車内は寒いので、子供だけじゃなくて親も上着を忘れずに (一番後ろの席はちょっと暖かかったです)
  • ハイウェイを走るバスは結構スピードを出すので揺れます。子供が転んだりしないようにケアをしてあげてください

バスで子供が風邪を引いたりケガをしないように注意をして、楽しいバスの旅を!!

以上、友人夫婦へのインタービューでした。ブログ用に写真も撮ってきてくれました。感謝!

TheBus だとツアーバスなどより時間はかかるけど、時間に縛られないので自由に行動できるのでオススメとのことでした。

TheBus を使ってオアフ島巡りを計画している家族の参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする