10歳でもハワイでセグウェイを体験できた!

スポンサーリンク

“有吉の夏休み”で有吉さんを始め、多くの芸能人が楽しんでいたセグウェイ。我が家も以前から気になっていたのですが、16歳以上でないとできないと思っていたので諦めていました。

ですが、2017年夏のハワイ旅行の準備をしていた時にハワイでは10歳からセグウェイを体験できることを知って挑戦することにしました!

ハワイでセグウェイ!

Segway of Hawaii なら10歳からセグウェイができる!

ママが2017年夏のハワイ旅行で情報収集をしていたら見つけたのが Segway of Hawaii さんのツアー。

セグウェイのカピオラニ公園のツアー

16歳以上しかできないと思っていたセグウェイが10歳からできるなんて!O(≧▽≦)O

我が家が申し込みをしたツアー

初めてのセグウェイだし、値段も安くないので我が家が最初に申し込みをしたのが30分の体験コースでした。

6月に申し込みをしていたのですが、パパが「やっぱり30分じゃ足りない」と言い始めて結局90分のカピオラニ公園コースに変更。90分は長い・・と思っていたのですが、実際に体験してみると体験コースじゃなくて本当に良かった!!

時間が許すのであれば、絶対に体験コース以外がオススメです!

いよいよ Segway of Hawaii へ

お店の場所など

さて、予約の時間が近づいてきたらお店へ移動です。

ワイキキ市内の東端なので JCB カードなら無料で乗れるピンクラインに乗り、アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテルで降りれば数分でお店に着きます。

場所はワイキキビーチ マリオットの1階にあり、分かりやすい場所でした。

手続きもあるので15分くらい前に到着するのが良さそうです。

我が家は90分の長いコースだったので、事前にトイレを済ませておきました。同じ建物にトイレがありますが、鍵がかかっているのでお店のスタッフに場所と暗証番号を教えてもらう必要があります。

服装と荷物

基本的には服装は自由です。靴もビーチサンダルで OK ですが、我が家はスニーカーで参加。慣れないセグウェイに長時間乗り、足がとても疲れるのでスニーカーで正解でした。

なお、ずっと外にいるので日焼け止めを事前に塗るのを忘れずに。

ヘルメットはサイズに合う物をお店で借りることができます。もちろん、子供用もありました。

セグウェイとヘルメット

持って行く荷物ですが、我が家は財布関係(チップ用に現金も入れておきましょう)とカメラを持って行きました。飲み物は出発の際に冷えたお水を1人1本もらえるので大丈夫です。

お店にはリュックが入りそうなロッカーはありますが4つ程度しかないのでご注意を。

セグウェイにもカバンが付いているので大きな荷物は持って行かなければ問題はありませんでした。

日本語への対応

スタッフの8割以上は日本語を普通に話せる方達でした。パッと見で日本人じゃなくても小さい頃に日本に住んでいたなどの理由で話せるとのこと。

ツアーの際のガイドの方も日本語が喋れたので、子連れで初めての乗り物に挑戦する我が家にとってはとても心強かったです。

まずはお店の中で練習

我が家が参加したツアーは日本人の3家族の合計10名でした。

我が家を含めて6名がセグウェイ初体験だったので、まずはお店の中で練習します。

セグウェイを店内で練習中

顔のニコニコマークで隠れていますが、この店内の練習の時は我が家全員が緊張で顔がこわばっていました (^_^;

完璧な日本語でスタッフの人が親切に教えてくれるのですが、特に”止まる”・”回転する”時の操作に慣れず、このままツアーに出る自信を持てず・・・。後で娘とパパに聞いたら二人とも同じことを思っていたとのことです。

それでも何とか合格をもらえるくらいになったのでいよいよお店の脇に停まっているセグウェイまで移動です。

このセグウェイに乗って出発!

お店の外には冷たいお水付きのセグウェイが並んでいます。

荷物がある人はこのタイミングでカバンに入れておきましょう。

カピオラニ公園ツアーのスタート

セグウェイの操作に自信を持てないままにツアーがスタート・・。

まずはお店をでてすぐのところの交差点で海側に移動します。いきなり歩行者がいるところを通らないといけないので、事故を起こさないように慎重に運転。

もうこの時はセグウェイの操作に集中していて周りの景色を楽しむことはもちろん、乗りながら写真を撮るなんて絶対無理。

乗って数分なのに緊張のために足が疲れてきたり・・。やっぱり30分の体験コースのほうが良かったかもと思ったり・・。

でも、カピオラニ公園に近づくにつれてだんだん慣れてきて、

カピオラニ公園への途中

こんな感じでパパが片手運転をしながら娘の写真を撮れるようになっていました。

セグウェイに乗りながらカピオラニ公園で記念写真

カピオラニ公園ではガイドさんがダイヤモンドヘッドの前で写真を撮ってくれました。家族三人でセグウェイに乗った写真を撮れるなんて、とてもよい記念になりました♪

この後はホノルル水族館・高級住宅街・ハワイアンモンクシール(アザラシ)がでるビーチを経由しながらお店までのんびり帰ってきます。訪れた場所ではガイドさんが日本語で説明をしてくれるので、英語でチンプンカンプンなんてこともありませんでした。

ハワイの青空の下で、未来の乗り物で移動するのがめちゃくちゃ気持ちよかったです。

セグウェイツアーのガイドさん

こちらが私たちのツアーのガイドさんです。二人とも日本語ペラペラで、移動中はツアー参加者の安全を確認しつつ、ツアーに参加者の個人のカメラで色々な写真を撮ってくれたりもしました。親切&フレンドリ〜。

お店に帰ってきたら

出発の時にドキドキしながら横断したお店の近くの交差点だったけど、お店に戻る時には家族全員すっかり運転に慣れて余裕で交差点を渡り、お店に着いたらツアーが終了です。

あー楽しかった!

まだまだ乗りたいという気持ちはあるけど、緊張で足が疲れているので90分はちょうど良い時間だったかもしれません。

セグウェイを返してお店に戻ったらよい感じに冷えたおしぼりをいただきました。

お・も・て・な・し に感謝しながら顔を拭いてさっぱり♪

最後にアンケートを書いて、あとはガイドさんへのチップ。チップは現金でしか払えないのでお財布に現金は忘れずに。

今回のガイドさんはとても親切だったので、お二人に合計30ドルをお支払いしました。

セグウェイツアーでかかった費用

楽しかったセグウェイのカピオラニ公園ツアー(90分)で支払った費用は約466ドル。

  • 家族3人分のツアー費用:436.55ドル(145.55/人)
  • チップ:合計30ドル

90分で約5万円。決して安くなく、むしろ高いのですが、今までのハワイのアクティビティの中ではトップ3に入るくらいの楽しさでした。

日本だと16歳以上ならもっと安くセグウェイを楽しむことができますが、ここなら10歳からセグウェイをできるので妥当かなと思いました。ハワイの青い空の下で、10歳の子供連れでセグウェイを体験する機会はめったにないですからね。

今回の体験で、”有吉の夏休み”で有吉さんがセグウェイをとても気に入っていた理由が納得できました。これは楽しい!

来年は120分のダイヤモンドヘッドツアーに挑戦してみたいと家族全員が思っています。

ハワイでセグウェイに乗るか迷っているご家族がいたら、「絶対にやるべき!」と我が家はオススメをいたします。

Segway of Hawaii セグウェイ オブ ハワイ

カピオラニ公園以外のツアーもあります

住所:Waikiki Beach Marriott Resort & Spa, 2552 Kalakaua Avenue, Honolulu, Hawaii 96815

[地図を表示]

子供の満足度:★★★★★

※訪問時:10歳

パパママの満足度:★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする