美味しい熟成肉をハワイでいただく。ウルフギャング ステーキハウス

スポンサーリンク

芸能人がハワイに行く番組で度々紹介されているウルフギャング ステーキハウス。

HIS の2015年のハワイグルメランキングでも1位のお店です。

熟成肉って何?食べてみたい!でも、値段が高いから、また今度!!ということで、一度も食べたことがありませんでした。

このずっと気になっていたウルフギャングに2015年の旅行で初めて行くことができました。

たまには贅沢してもいいよね!

お店の予約

ハワイに行く前に事前に調べたらお店は人気で、予約をしたほうがいいとのこと。

わざわざ日本から予約するほどでもないし、 かと言って現地で予約というのも英語だからハードルが高い。。

なんて考えているうちに出発日になって予約なしでハワイに入ることに。

ハワイで数日を過ごして、ふとクレジットカード会社のラウンジに行った時にスタッフのかたに予約をしていただけるか聞いたら、可能との返事!

空いている日の夕方5時で無事に予約をできました \(^_^)/

なお、当日は時間になったら受付で名前を伝えるとテーブルに案内されます。

注文したもの

ウルフギャングといえば熟成肉は外せません。

でもお肉だけというのも寂しいので前菜も注文。

メニューには英語の隣に日本語も書いてあるので、迷うことなく注文ができました。

ウルフギャングのロブスターカクテル

まずは、ロブスターカクテルです。

プリプリした身がとても美味しかったです (^O^)

ウルフギャングの STEAK for 2

そして、メインディシュの熟成肉です。娘はまだ8歳なので STEAK FOR TWO (二人前) を注文しました。一人前を家族三人でシェアしてもよいのですが、二人前が一番少ないステーキになります。

写真のような感じのTボーンステーキ(骨つきのお肉)です。28日間熟成庫で熟成されたサーロインとフィレを楽しむことができます。

お肉の量が多いので付け合わせは無しで注文をしたのですが、お肉を取り分けてもらった時にお皿が寂しかったので急遽マッシュポテトも注文。

ウルフギャングの熟成肉

マッシュポテトを注文して正解でした。

マッシュポテト以外にアスパラガスやブロッコリー等色々あるのでお肉と一緒に注文するのがオススメです。

肝心のお肉のお味は、、、美味しい & 柔らかい♪

アメリカの牛は赤身が多くて硬い印象だったのですが、柔らかかったです。焼き肉屋さんでは柔らかいお肉を好む娘も、たくさん食べていました。

ステーキにはウルフギャングのオリジナルソースもありますが、我が家はソースをつけないほうがステーキの味をそのまま楽しむことができると感じました。

なお、家族三人ですが結局二人前のステーキを全部食べきることができず、数切れほど残してしまいました。

もったいないけどギブアップです (´Д`)

デザートもお腹に入らないので注文できず。残念・・

食べ物の費用の概算は、

  • ロブスターカクテル:27ドル
  • STEAK FOR TWO(二人前のステーキ):116ドル
  • マッシュポテト:12ドル

で合計155ドルでした。

それ以外に飲み物代とチップも払いましたが、お値段的にはこんなものでしょうという感じでした。

食べ物も雰囲気も店員さんの対応も我が家は満足でした。

店員さんといえば、前菜やメインディシュを持ってきてくれる度に

↑こんな感じで写真を撮ってくれました。

流れ作業的な感じが否めませんが(汗)、家族三人で写真を撮れる機会は少ないので感謝です!

我が家はハワイに来るとカジュアルなお店で食事をすることが多いですが、たまには高級なお店で食事をするのもいいものですね。

お肉も美味しかったし、満足でした。

Wolfgang’s Steakhouse

住所:Royal Hawaiian Center 3rd Level, 2301 Kalakua Avenue, Honolulu, HI 96815

※ロイヤルハワイアンセンターの3階です

子供の満足度:★★★★★

※訪問時:8歳

パパママの満足度:★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする