海遊びの後に食べたくなる丸亀うどん

スポンサーリンク

ハワイには牛角やお好み焼きのぼてじゅうなど、日本の飲食店がいくつか出店しています。

我が家ではハワイ旅行の際に基本的に日本食の飲食店には行かないのですが、丸亀うどんで必ず1度は食事をしています。

ワイキキでの海遊びの後に食べたくなるうどん

ワイキキの丸亀うどんの店内

暖かいハワイとはいえ、海からあがると暖かいものが欲しくなります。

そんな時に我が家がお世話になるのがワイキキの丸亀うどん。

丸亀うどんは日本にあるお店なのでせっかくのハワイ旅行では行かない対象なのですが、海あがりで暖かいものを食べたい時に候補になるお店です。

ハワイの丸亀うどんは基本的に日本のお店とほぼ同じ仕組み。そのため、注文方法で迷うことはありませんし、メニューにも日本語も書いてあるので安心です(英語のメニュー表記も “NIKU UDON ※肉うどん” など、日本語が元になっています)。

列に並びながら好きな物を注文し、お会計をしたら空いている席を探してうどんをいただきます。

たとえば肉うどんのレギュラーサイズで5.75ドル(ラージだと6.75ドル)。チップもいらないので手軽な値段で食事をできます。

また、日本で何度か丸亀うどんに行ったことがある娘にとって日本のお店がハワイでも同じように運営されていることに興味を持ったみたいで、よい経験になっています。

日本にはないメニューも

丸亀うどんのガーリックチキンうどん

暖かい物を食べに行ったのに、日本で見たことがなくて思わず注文をしてしまったのがこちらのガーリックチキンうどんとベジタブルうどん (^_^;

ガーリックとアボカド好きな我が家では見逃すことができないメニューです。

実はワイキキでは大人気

ワイキキの丸亀うどんの行列

こちらの写真はある日の夜のワイキキ店の様子です。

列はまだ1列ですが、時間によっては列が折り返して2列になることも・・。

我が家の感覚値では昼よりも夜のほうが混雑しているかな。ただ、昼間でもワイキキの海から上がった後に丸亀うどんに行っても行列が長くて断念したことが何度がありました。

お客さんも日本人は2割もいないのではないかと思うほど、アジアを含む外国のお客さんが多いです。海外のぐるなび見たいなサイト(YELP)でも5段階中4.5の評価でした。

どうやら人気の秘密は注文したらすぐに出てくること、手頃な値段、フレンドリーな店員さんの対応みたいです。

そして、丸亀うどんの日本と海外のお店を含めた売り上げナンバーワンが、ここワイキキのお店とのこと。行列をみて納得です。

今まではワイキキの中心部だけにあったお店がダウンタウンにも新たに出店したみたいです。

行列が長すぎる場合は別ですが、それほど行列が長くなければハワイで愛される丸亀うどんをぜひ体験をしてみてください。

MARUKAME UDON – WAIKIKI(丸亀うどん ワイキキ店)

住所:2310 Kuhio Avenue, Suite 124, Honolulu, HI 96815

[地図を表示]

MARUKAME UDON – Down Town (丸亀うどん ダウンタウン店)

住所:1104 Fort Street Mall、Honolulu, HI 96813

[地図を表示]

娘の評価:★★★★★

※訪問時:5歳〜8歳

パパママの評価:★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする